ナレッジ

超高齢社会だから急成長する日本経済 
2030年にGDP700兆円のニッポン

超高齢社会だから急成長する日本経済 
  • 出版社
    講談社
  • 価格(税抜き)
    840円
  • 発行年月
    2017.05

概要

2030年に3割が65歳以上になる日本―その社会には一体、どんな変化が起こるのか?

アベノミクス成長戦略の「目玉」であるコーポレートガバナンス改革は現在、構築実はそのとき、2000兆円にもなる個人金融資産の6割、1200兆円は、高齢者が所有する。こうした現代の「ネオ高齢者」たちは、一点豪華主義に走ったり、世界遺産を巡ったり、あるいはグルメにも積極的。1200兆円を墓場まで持っていこうなどという気は、さらさらなし。
新しい高齢者の消費が、日本経済を爆発させる! それに気づいた企業も、続々と、「ネオ高齢者」向け商品を発売している! 高齢化社会は、じつは明るい!

目次

はじめに 超高齢社会だからこそ経済が成長する背景
第一章 超巨大な高齢者マーケットの潜在力
第二章 高齢者だけの七つの消費行動
第三章 高齢者を起点として豊かになる現役世代
第四章 超高齢者が変える日本の風景
おわりに 高齢化で広がる成長フロンティア

執筆等

鈴木将之 シニアエコノミスト (EY総合研究所株式会社)

備考

ご希望の方は書店またはオンライン書店等にてお求めいただくか、出版社へ直接お問い合わせください。