ナレッジ

ラグビーワールドカップ2019日本大会開催による経済効果

2015.09.30
EY総合研究所

ラグビーワールドカップ2019日本大会開催による経済効果ラグビーワールドカップ2019日本大会は、2015年3月に12の開催都市が決定し、4年後の大会に向けた準備作業が本格化しています。

この大会は五輪、サッカーワールドカップに次ぐ最大規模のビックイベントであることからさまざまな経済効果が期待されており、この度、EY総合研究所では、産業連関分析を用いて、インフラ整備、大会運営、観客による消費による需要増加とそれによる間接・波及効果を含めた経済効果を試算しました。

なお、本試算は、あくまでも一般的な参考情報の提供を目的としたもので、プロフェッショナルサービスとしての助言ではないこと、また、2015年9月現在における情報や想定に基づくものであり、今後の開催計画の展開、経済環境の動き等によって大きく変動する可能性があることにご留意ください。