EY総合研究所

Views

  • 進化した「おもてなし」が経営をサポートします

    進化した「おもてなし」が経営をサポートします

    現在、おもてなしが注目されています。しかし、その定義は統一されておらず、様々な解釈がなされ、かつ、オペレーション中心の議論がされています。EY総合研究所では、新しい時代のおもてなしの「経営」のあり方を「おもてなし2.0」として定義づけし、それを具現化する経営ツールとして「おもてなし2.0指標」を開発しました。その指標を活用した経営支援サービスをご紹介します。

  • コーポレートガバナンス その改革を日本型経営に真に活かすために

    コーポレートガバナンス
    その改革を日本型経営に真に活かすために

    EY総合研究所では、「シリーズ:成長戦略としてのコーポレートガバナンス」として関連する情報を発信しています。それらの中から、コーポレートガバナンス・コードが求めるもの、欧米企業のガバナンスの現状についての調査・研究の結果、日本企業におけるROEについての再考察について新たに冊子「コーポレートガバナンス その改革を日本型経営に真に活かすために」として編纂しました。

  • 金融機関におけるコーポレートガバナンス-資本市場との関係構築が求められる-

    金融機関におけるコーポレートガバナンス
    ~資本市場との関係構築が求められる~

    安部政権は日本経済の再生に向け、金融・財政政策に続く第三の矢として成長戦略を掲げており、その中でコーポレートガバナンス改革の推進を打ち出しています。本特集では会社法の改正、コーポレートガバナンス・コード、議決権行使助言機関であるISSのポリシー改定の概要とその影響について解説しています。今回、詳細な解説(EY Japan FSO Thought Leadership)を追加致しましたので合わせてご参照ください。