EY総合研究所

Views

  • 金融機関におけるコーポレートガバナンス-資本市場との関係構築が求められる-

    金融機関におけるコーポレートガバナンス
    ~資本市場との関係構築が求められる~

    安部政権は日本経済の再生に向け、金融・財政政策に続く第三の矢として成長戦略を掲げており、その中でコーポレートガバナンス改革の推進を打ち出しています。本特集では会社法の改正、コーポレートガバナンス・コード、議決権行使助言機関であるISSのポリシー改定の概要とその影響について解説しています。今回、詳細な解説(EY Japan FSO Thought Leadership)を追加致しましたので合わせてご参照ください。

  • 「EY総研インサイト」Vol.3 February 2015 刊行

    EY総研インサイト Vol.3 February 2015 刊行
    特集は「成長戦略としてのコーポレートガバナンス」

    EY総研の研究成果を定期的にお届けするため機関誌「EY総研インサイト」のVol.3を刊行しました。各研究員による経済、社会・産業、経営に関する専門レポートに加え、本特集では、「成長戦略としてのコーポレートガバナンス」として成長戦略の内容や目指す姿について概観した上で、企業としての対応について考察しています。

  • シリーズ:成長戦略としてのコーポレートガバナンス 企業と資本市場の良好な関係の構築に向けて(総論)

    シリーズ:成長戦略としてのコーポレートガバナンス

    安倍政権は日本経済の再生に向け、金融・財政政策に続く第三の矢として成長戦略を掲げており、その中でコーポレートガバナンス改革を打ち出している。これは日本企業のグローバル競争力強化に資本市場の力を活かそうとする同政権の意図を反映しており、企業(経営者)に資本市場との良好な関係の構築を促すものと考えられる。これを踏まえ、「シリーズ:成長戦略としてのコーポレートガバナンス」とし、成長戦略の内容や目指す姿について概観した上で、企業としての対応について考察する。